カタログ請求 振袖を探す お店を探す

「成人式初めてガイド」〜振袖ってどんな衣装?〜

振袖と聞いて皆さんはどんな印象を持ちますか?
成人式にみんなが着ている袖の長い着物?結婚式にも着て行ける着物?
ここでは皆さんにもっと振袖のことをもっと知ってもらい、振袖を少しでも身近に感じてもらえたらと思います。
振袖について知ることで、振袖選びからコーディネート決め、前撮り、成人式当日で参考にできることがあればと思います。

振袖の特徴

・振袖は未婚女性の第一礼装

振袖とは、未婚女性の第一礼装で大変格式の高い着物です。振袖の特徴は「振り」と呼ばれる長い袖の「袂(たもと)」と、その袂の身頃側を縫い付けていない開口部の「身八つ目」が挙げられます。また1枚の絵のように、縫い目の部分をまたいでも模様が繋がって描かれる「絵羽模様」という柄つけになっており、衿、胸、肩、袖などの上半身にも、腰、裾などの下半身にも豪華に模様が入るのも特徴です。

・振袖の歴史

振袖の歴史は諸説ありますが、江戸時代に踊り子達が舞台上で踊る際に、袖が長い方が所作が美しく見えるため袖を長くしたと言われています。ただ日常生活では袖が長いと動きにくいため、特別な時に着る晴れ着として着用されるようになりました。

振袖の「振る」には厄払い、お清めの意味があります。古くより「振る」行為には厄を祓ったり神に祈ったりする意味があるからです。

・振袖の種類

華やかで若々しい柄のものが多く、成人式や結婚式の花嫁衣装、またその参列者の衣装など、「晴れの舞台」と言われるようなシーンで着用される着物です。振袖は未婚女性なら年齢関係なく誰でも着用することができ、袖の長さによって「大振袖」「中振袖」「小振袖」に分類されます。袖が長いほど着物としての格が高くなり、シーンに応じて着分けます。

・振袖はいつまで着れる?

振袖は20代を目安に着用するのがおすすめです。30代からが訪問着を着用するのがいいでしょう。また振袖は未婚女性の第一礼装であるので、既婚者の方は基本的には振袖を着ない選択をするようにしましょう。

成人式と振袖

・成人式とは?

成人式は日本の冠婚葬祭の冠にあたる、成人を祝う大切な式です、普段は着ない華やかな振袖を着用して式に参加をして自分が成人を迎えたこと、家族や周りの大切の人へ成長した姿を見せるとともに感謝の気持ちを表します。

・振袖を着るときに必要な寸法

振袖を選ぶ際には、身丈、裄丈、袖丈の寸法が重要になってきます。身丈は肩山から裾までの長さです。着付けた際の振袖の長さである着丈とは違うので注意をしましょう。

裄丈は背中の中心から袖口までの長さのことです。袖丈の寸法は首の後ろの骨を始点として肩の頂点を通って手首のくるぶしまで測ります。

袖丈は袖の長さ(袖山から袂まで)を測ります。

他の着物との違い

振袖と他の着物との違いはズバリ、袖の長さです。一般の着物の袖の長さは約50㎝前後で、振袖の袖の長さは約100㎝です。

他の着物の種類は、訪問着、附下、小紋、色留、色無地などがあります。

 

訪問着は未婚や既婚関係なく幅広い年代の女性が着ることができます。

附下は訪問着よりも格が下なのでカジュアルに着ることができます。

小紋は全体に小さい柄が入った着物です。

留袖は色留袖と黒留袖があり、上半身は無地で裾のみに柄があるのが特徴です。色留袖は結婚式や披露宴、黒留袖は結婚式の新郎新婦の母親や親族が着用することが多いです。

色無地は一色で染められている柄のない着物です。

振袖着用時に必要なもの

・襟部分

半襟、重ね襟、衿芯

・帯部分

袋帯、帯枕、帯締め、帯揚げ、前板、後板、三重紐

・インナーは長襦袢、和装スリップ

他にもバッグや草履が必要となってきます。

〈まとめ〉振袖を知ることから成人式準備はスタート

日常生活で着物を着る機会はほとんどないと思います。

最近は京都などの観光地で着物をレンタルして、可愛くヘアメイクをしてお友達と観光をしている方をよく見かけます。

着る機会があまりないからこそ、着物を着た時の新鮮な気持ちと普段の洋服とは一味違った自分になれることで旅行の思い出が更に素敵になるのではないでしょうか。

成人式で着る振袖も同じように、あなたの成人を祝う大切な日に着用する特別な着物です。

振袖の着用をきっかけに着物の良さに少しでも触れてもらえたらと思います。

いつもとは違う服装、髪型、メイクをして緊張をしてしまうかもしれませんが、それはあなたが大人になるということを自覚している証拠です。

振袖を着て成人式に参加して、たくさん笑って素敵な思い出を作りましょう!

 

参考:イヴ・ブゴン(2006)『きものの基本』アシェット婦人画報社

 

一覧へ戻る

関連記事

カテゴリー

全て 成人式準備ガイド 振袖の選び方 振袖の豆知識、ママ振りについて 振袖小物、ヘアメイク、ネイル 振袖レンタル 振袖購入
AKASE AKARI